わけあり商品や定番タイルのメニュー紹介

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

ケータイ(モバイル)でショッピング

お届けくん携帯サイトQRコード

営業日カレンダー

2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
※赤字は定休日です。

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


バーゲンセール等のお値打ちな情報から新商品追加情報まで様々な内容をメールにてお届けさせて頂きます。

コンテンツメニュー

焼成方法と面状の種類
通販購入のメリット
外壁メンテナンスの目安
タイルとレンガの違い
スペインタイルの基礎知識


タイルの焼成方法と面状の種類

自分や家族の大切な居場所である住まいには、こだわりたいと考える方が増えてきています。そのため、自分で住まいをアレンジするDIYが注目されています。様々なDIYアイテムがあるのですが、その中でもタイルはお部屋の印象をガラリと変えられるので非常に人気が高いです。
こちらでは、そんなタイルの焼成方法や面状の種類についてご紹介します。

焼成方法による分類

・酸化焼成タイル

窯内の通気をよくして、酸素を充分に含んだ火炎により焼成を行う方法です。そうすることで、釉薬や素地に含まれている酸化金属と酸素が結合し、タイル独特の色合いに呈色します。比較的安定した色に焼き上がります。

・還元焼成タイル

酸化焼成とは逆に、窯内の酸素をできるだけ抑制した状態で、焼成する方法を還元焼成と呼びます。釉薬や素地に含まれている酸素を取り除いて呈色させるので、焼物独特の色幅を出すことができます。

面状の種類と特徴

・ラフ面

湿式押出成形の際に素地の表面をピアノ線で一枚剥いだもので、添加物が含まれている場合には引っかいたような荒い面状になります。

・スクラッチ面

湿式押出成形の際に釘などを用いて素地の表面を引っかき、跡をつけたものです。

・フラット面

砂やシャモットなどの添加物を加えていない、単味原料を焼き上げることでフラットな面状になります。

・ブラスト面

焼成後に、タイルの表面に小さな鋼球を打ち当てたり、砂を吹き付けたりして荒らしたものです。

・ハツリ面

乾燥させた素地の表面をノミなどの工具を使って荒く削ぎ取ったものです。

・テッセラ面

乾燥させた素地を2つに割ってその面を表面にしたもので、「割肌面」とも呼ばれています。

・特殊面状

温式製法を行う際に、機械に特殊形状の口金をつけて成形を行ったものです。(山形・スジ面などの特殊な形状となる)

このような焼成方法の違いや素地の表面に施す技術、焼き時間、温度、火炎の強さなどの違いによりタイルの表情は大きく変わります。
お届けくんでは様々な製法によって丁寧に焼き上げられたタイルを豊富に揃えておりますので、ぜひお買い求めください。

お支払方法について

お支払い方法を多数ご用意しております。
銀行振り込み、ゆうちょ振り込み、代金引換、クレジットカード決済、 後払い.comからお選びいただけます。
※ 詳しくはこちらをご覧ください >>>

利用可能クレジットカード等一覧

配送方法・送料について

佐川急便、ヤマト運輸、西濃運輸及びトナミ運輸(埼玉倉庫出荷向)にてお送りさせて頂きます。
また送料は、箱数(ケース単位)で換算されます。現在、お客様にて無駄が出ないよう
シート単位またバラ一枚単位の発注ができるように設定しています。
尚、注文数に応じて送料は追って「受注確認メール」で記載し
送料を含めた商品総合計をお知らせ致します。

※送料などについて詳しくは配送方法・送料ページをご覧ください。
※ 詳しくはこちらをご覧ください >>>

おすすめコンテンツ一覧

このページのTOPへ