わけあり商品や定番タイルのメニュー紹介

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

ケータイ(モバイル)でショッピング

お届けくん携帯サイトQRコード

営業日カレンダー

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
※赤字は定休日です。

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


バーゲンセール等のお値打ちな情報から新商品追加情報まで様々な内容をメールにてお届けさせて頂きます。

コンテンツメニュー

焼成方法と面状の種類
通販購入のメリット
外壁メンテナンスの目安
タイルとレンガの違い
スペインタイルの基礎知識


外壁メンテナンスの目安

タイルを外壁に使用した場合、その耐用年数は10〜30年程度といわれています。しかし、耐用年数は建物の環境によって変化しますので、年数のみでメンテナンスの時期と判断するのは非常に難しいです。そんな時注目したいのが、外観の「外見的変化」です。外見的変化とは、以下のような現象を指します。

変色

外見的変化として、変色が挙げられます。変色は、ホコリや雨などの汚れや壁材の年数経過によって起きます。それ以外にも、コンクリート面に含有している炭酸カルシウムやタイルの貼りつけを行った際に使用したモルタルが、雨で流れ出し白い跡が出る「白華現象」があります。白華現象がおこってしまうと、せっかくの美しいタイルの模様やデザインも見えなくなってしまいます。洗えば落とすことができますが、何度も再発するので気になるという方はタイルの裏側に水が入らないように施行方法を工夫する、素材を考えることをおすすめします。
しかし変色の段階では建物の耐久性に影響が及ぶことはあまりないため、メンテナンスを急ぐ必要はありません。

ヒビ割れ・破損

もわかりやすい外見的変化というのが、壁材のヒビ割れや剥がれなどの破損です。ヒビ割れの対象はタイル以外にも、コーキングが施されている箇所や目地などが挙げられます。ヒビ割れや破損が発生してしまうと、その箇所から漏水が起きてしまい内装部分への浸水や、周辺にある外壁タイルの剥がれに繋がってしまいます。さらには、建物の構造上において大切な部分の劣化を促進させて建物自体の耐久性を低下させてしまうため、小さなヒビ割れを発見した際にはメンテナンスが必要となります。

これらの外見的変化がご自宅の外壁に見られた場合には、メンテナンスを検討する必要があります。せっかく施工したタイルの壁を美しく保つためにも上記の外見的変化を把握しておくことをおすすめします。そうすることで、外壁のメンテナンスをより最適な時期に行うことができます。

お支払方法について

お支払い方法を多数ご用意しております。
銀行振り込み、ゆうちょ振り込み、代金引換、クレジットカード決済、 後払い.comからお選びいただけます。
※ 詳しくはこちらをご覧ください >>>

利用可能クレジットカード等一覧

配送方法・送料について

佐川急便、ヤマト運輸、西濃運輸及びトナミ運輸(埼玉倉庫出荷向)にてお送りさせて頂きます。
また送料は、箱数(ケース単位)で換算されます。現在、お客様にて無駄が出ないよう
シート単位またバラ一枚単位の発注ができるように設定しています。
尚、注文数に応じて送料は追って「受注確認メール」で記載し
送料を含めた商品総合計をお知らせ致します。

※送料などについて詳しくは配送方法・送料ページをご覧ください。
※ 詳しくはこちらをご覧ください >>>

おすすめコンテンツ一覧

このページのTOPへ